日本人をあまねく支配していると言っても良い、受験英語獲得の弊害というものは、かなりひどいレベルまで、悪化していると言えるかもしれません。ほとんど、日常会話などでは使うことがない、イディオムや単語を、重箱の隅をつつくように受験問題として出題したりする他、あり得ない状況設定でのリスニングのテスト、と言った、英語を学んだにもかかわらず、それを実践的に生かす状況を想定していない問題が多く作られているということは、大変残念なことであると言えるのではないでしょうか。

外国語を学ぶということは、その目的の一つとして、その外国語を活かしてコミュニケーションをとるということが目的には含まれているはずですが、受験英語ばかりを追い求めてしまえば、このようなコミュニケーションから、大きく逸脱してしまう、ということは、容易に想像できるでしょう。