言葉の勉強も兼ねて、医師の方に英語でお話を聞いてみました。アメリカでは、医師は院外のオフィスにいて、看護師が患者の状態をのヒアリングを行ったり、容体急変時の対処を行ったりしているそうです。このように、海外では看護師の担当業務の高度化、専門化がかなり進んでいます。
アメリカ帰りの医師の方が日本の医療現場の現状を見て辟易したため息をこぼしたりするのをたまに見かけるのは、このように日本の医療体制が旧世代的なままであると比較してしまうからなのかもしれません。
近代的医療の現場において、このように専門化に舵を切るのは、「看護師は看護師にしかできない仕事を優先して行えるようにしていく」という考え方のようです。
そのような考え方がベースとなって、看護部管轄の業務も自ずと高度化・専門分化が進んでいるようです。
このように最適化を目的とした分業化は、現場にさまざまなメリットを齎すでしょう。
この恩恵をより早期に多く取り入れるためには、現場の意識レベルから分業化がすでに定着しているアメリカの事例はぜひとも参考にしたいところではないでしょうかとのことでした。