聞き流すだけ、英文を読むだけというので英会話を修得する人は、聞いていたり、読んだりしていうちに文法や発音に気をつけることができるからだそうです。

楽しく上達する人たちの中には、声をだすだけ、聞き流すだけでいろんなトレーニングを自発的にできているともいえるそうです。

とはいえ、上達する過程でうんざりしてしまって、どうしても聞き流すだけということになったりするかと思います。

そういうときは英会話の勉強が仕事だと思っていたらいいそうです。

仕事だったら嫌でもやり遂げないといけないという気分になるはずだからだそうです。

また、耳が疲れたら口に出していう、目が疲れたらリスニングにするというようにメリハリをつけるのもいいそうです。

復習をやってみるというのもいいそうです。

英会話の勉強は進み具合が遅くなっても、必ず進めるようにして欲しいそうです。

英語ペラペラになっている自分を思って頑張るのもいいそうです。

もちろん集中して勉強するのが一番だそうですが、嫌気が差してきたら海外ドラマや洋画を見て英語を聞けばいいそうです。

もちろん聞き取れなくてもいいそうです。気楽にできることをしたらいいそうです。

場所を変えてみるというのもいいそうです。

お気に入りのカフェや海、山、どこでもいいので、好きな場所にいって英会話の勉強をしてみるのもいいそうです。

やる気というのは誰でもすぐに無くなるものだそうです。

それをどうにか続けるために工夫をしていくのがいいそうです。

英会話というのは習得してから長く使うようになるものだと思います。

運転と同じと思った方がいいそうです。

どうせ努力をするなら短期の方がいいかと思います。基本を早く習得して、道具として家会話を使えるようになりたいと思います。