聞き流すだけ、英文を読むだけというので英会話を修得する人は、聞いていたり、読んだりしていうちに文法や発音に気をつけることができるからだそうです。

楽しく上達する人たちの中には、声をだすだけ、聞き流すだけでいろんなトレーニングを自発的にできているともいえるそうです。

とはいえ、上達する過程でうんざりしてしまって、どうしても聞き流すだけということになったりするかと思います。

そういうときは英会話の勉強が仕事だと思っていたらいいそうです。

仕事だったら嫌でもやり遂げないといけないという気分になるはずだからだそうです。

また、耳が疲れたら口に出していう、目が疲れたらリスニングにするというようにメリハリをつけるのもいいそうです。

復習をやってみるというのもいいそうです。

英会話の勉強は進み具合が遅くなっても、必ず進めるようにして欲しいそうです。

英語ペラペラになっている自分を思って頑張るのもいいそうです。

もちろん集中して勉強するのが一番だそうですが、嫌気が差してきたら海外ドラマや洋画を見て英語を聞けばいいそうです。

もちろん聞き取れなくてもいいそうです。気楽にできることをしたらいいそうです。

場所を変えてみるというのもいいそうです。

お気に入りのカフェや海、山、どこでもいいので、好きな場所にいって英会話の勉強をしてみるのもいいそうです。

やる気というのは誰でもすぐに無くなるものだそうです。

それをどうにか続けるために工夫をしていくのがいいそうです。

英会話というのは習得してから長く使うようになるものだと思います。

運転と同じと思った方がいいそうです。

どうせ努力をするなら短期の方がいいかと思います。基本を早く習得して、道具として家会話を使えるようになりたいと思います。

オリンピックが日本で開催される決定とともに、「英会話」教室に通いはじめた人はいませんか?英語での会話に慣れ親しむ事は重要ではありますが、いくら英会話を学んだとしても、英会話で話すための「母国語での知識」が伴わないと、会話というものは成立しないものなのです。そのような事実に気づかない人々が、「英会話教室に週3日、数年間、通っているのだけれど、なんだかうまく上達しないのだと」言うような相談を耳にした事はありませんか?まずは、母国語での自分の会話に対して、常日頃からの意識をしてみましょう。母国語での会話となると、無意識に行っている事がありますが、会話というものは、会話をする相手との共通の話題や、題材、目的がないと、弾むものではありません。英会話教室に通うイコール、会話が上達するものではありません。母国語での会話の上手な人は、英会話技術がそれほど高くなくとも、流暢な英会話をしているように聞こえる事もあります。それは英語に関する知識が少なくとも、会話技術に優れているからなのです。英会話が上達したいと考えている人は、まず、だまされたと思っても、日本語の会話技術を高めるよう、まずは自分の会話スキルに意識を常日頃から傾けてみて下さい。会話とは、面白いもので、同じ題材でをもっても、話す人々によって、全く異なる会話になるものなのです。

 

 

日本語にはいろんな表現があるかと思います。

英語も同じで参考書では説明しきれない表現がたくさんあるそうです。

そういったときは新しい表現に出会えたことに感謝するぐらいの気持ちでいて欲しいという人がいます。

確かに英語というのは長い年月、たくさんの人々が使っているわけですので、表現の形も無尽にあるかと思います。

そのたびにこんな言い方みたことない、関係ないと放っておいてしまうより、それを楽しむぐらいの気持ちがあった方がいいそうです。

ただ、この表現はみたことないということに気づける人は、相当な上級者だと思います。

初心者のうちは、どんな表現も見たこと無いと感じるのではないかと思います。

この先、上級者になっても色んな表現を楽しめる余裕が欲しいところだと思います。

また、文法ができなくてもいいと判断する人も多いそうです。

ネイティブが文法通り言っていないと主張する人もいるそうです。

また、文法が正しくてもネイティブはそう言わないと言われたとして、それは日本語でも同じことが起こっている可能性もあるそうです。

「魚を一羽」「イカを一輪」という風に日本語は話せるけど、このような間違いをする外国人はたくさんいるかと思います。

英語も同様で「a flock of sheep」「a school of fish」という風に言えるかというと、とっさには出てこないという人も多いかと思います。

「a flock of fish」と使っても、文法は正しくても、ネイティブはこんなことは言わないはずです。

日本人も「イカを一杯」「うさぎを一羽」というのを外国人が「イカを一輪」「うさぎを一枚」と言ったら、文法は正しくてもネイティブはそう言わない、というようなものです。

何を言っているかわかっているということで、問題にもしないかと思います。

英会話ができるようになったら、腕試し的なことをしたくなるかと思います。

また就職に有利だったり、資格という意味でもtoeic や英検を受ける人も多いそうです。

Toeic や英検はとてもオーソドックスな英語を使うそうです。

なので、オーソドックスに文法や単語、発音を勉強してたら、あえて勉強をする必要はないかもしれないそうです。

もちろん、それに対する対策の勉強は無駄になることはないそうです。

ただ、toeic や英検は英語力を測る試験なので、英語力を延ばしたほうがいいそうです。

英語力というのは、文法、単語、発音ということだそうです。

それらがきちんとできていれば得点は取れるそうです。

また、試験のための勉強をするにしても、英語力があれば対策をしなくても問題は解けるそうです。

また、それ用の参考書を使ってやってみるのも、余裕があればいいそうです。

英語力を測るための試験だと思っていれば、日頃の勉強だけでカバーできるというのもわかります。

試験勉強をして英語が話せるというわけでもないかと思うので、地道にやっていくのがいいようです。

基本を学習するということで自分がどの程度の力がついてるか知りたいというのもあるかと思います。

その上で、資格試験の準備ができるようなテキストをやってみるのもいいそうです。

試験の方は、基本の力があれば解ける問題も多いそうです。

案外、面白いように問題が解けていくかもしれません。

資格試験が近づいてくると、やっぱり試験勉強をしようと思うかと思います。

その時は問題を解いてみるのもいいかと思います。

ただ基本の力がないと問題を読んでもわからないということもあるそうです。

基本から段階を踏んで勉強をしていれば、問題を見てわけがわからないということはないそうです。

ビジネスシーンでの英会話で必要なことはありますが、会話のキャッチボール、会話の往復した数は重要です。英会話に限らずですが、商談は一言二言話して何か決まることはまずありません。それなりに話が弾んだり、しっかりと条件の擦り合わせをすることが必要です。英語の商談となると、どうしても「英語が堪能な人」に主導権が持って行かれがちです。ですが、英語力で悪い条件の契約をさせられたなんてなっては仕方がありません。相手の要求を飲みながら自分の要求を通すには、結局は対話しかありません。しかし実際に英会話の場となると、3往復がやっとだという人も珍しくありません。

英語を学習中にありがちなのが「相手の言っていることを理解できた」「自分の言いたいことを英語で言えた」という時点で満足してしまうことです。もちろん英語が伝わるのは大切なことですが、「通じる」の先にいかなくては会話になりません。会話のキャッチボールは、1分間に5往復ほどできると良いでしょう。キャッチボールは「趣味は何ですか?」「○○です」と答えて終わるものでなく、お互いに半々程度は話せていることが前提となります。さらにビジネス会話での「ネタ」も用意しておくと良いでしょう。これは日本語と同じで、あまりくだけた話題は良くありません。仕事上の出来事や、事業内容に関連した話題で会話ができれば、問題ありません。このビジネス会話でのネタは、当然ながらあればあるほど会話が続きますし、会話をすることで信頼も得られやすくなります。

TOEICの点数が何点以上、と定める会社も多いようですが、最終的に英語を話せるかどうかは経験と意識、話す意思があるかどうかにかかっていると言えるでしょう。