英文を読むという作業は、英会話ができるようになりたいと思う人にとって、あまり関係がないことだと思われてしまうかもしれません。しかし、聞く・話すだけができるようになっても、表現には限りがきてしまいますし、様々な場面で使える汎用性を出しにくいということも考えられます。英文の本や雑誌を読むことで、語彙や熟語、または文法の様々な表現のストックが増え、様々な文章や言い回しのパターンを、聞き取りや話をする際の手助けにするということもとても大切なのです。

しかし、英語に親しむということを念頭においた場合、難しい専門書を読めたり、大学入試問題が解けるようになったりするまで勉強しなければならないというわけではありません。ご自身の英語レベルにもよりますが、ご自身が考える英語のレベルより少し低めのレベルの英文を読み、慣れていくという「多読」をすると比較的長続きすると言われています。また、ジャンルも自分の興味がある分野、ニュースだけで良いので、そういった英文を読むということも重要です。我々が文章を読むとき、事前知識がある場合とない場合はその文の理解が変わってきます。事前知識がある方が、文の内容を推測して読むことができますし、知らない単語が1つ2つあったとしてもそれにとらわれることなく読み進めることが可能です。

基本的に、英文は日本文と語順が違います。英文を読む際、日本文の語順に直してしっかり訳しておかないといけないと思いがちですが、そんなことはありません。英文をその語順のままなんとなく理解するということがとても重要です。この語順が頭に入ると、聞き取りや話すという場面になってもいちいち頭で考えずにできるようになるのです。