行動的な英会話の勉強

英語を再学習する場合、英会話ができるようになりたいということを動機とする人が多いと思います。英会話ができるようになるには当然継続的な勉強は必要ですが、日本人にとって最も必要な前提は、勇気と自信を持つことかもしれません。

学校教育においては、どうしても正しい英文法や正しい単語・熟語の意味に重きを置かざるを得ません。しかしこれによって、完璧に習得でないと英語は扱えないのではないかと考える人が多く、そもそも「完璧」が存在しないにも等しい語学の世界において、完璧を求めるがあまり英語そのものを忌避してしまうというケースも少なくありません。そうした自信のなさが、英語を知っていて、仮に使えるほどの表現も覚えているのに使えないという状況が生まれてしまうのです。しかし、考えて見ると、日本人が全員正しい日本語を使っているわけではありませんし、仮に正しい日本語でなかったとしても、意思疎通が図れれば、コミュニケーションとしては適切だといえます。そういった意味で、英語によるコミュニケーションをとりたいと少しでも考えているならば、積極的に英語を使う機会をもうけ、片言でもよいのでしゃべってみるという経験を積み、自信をつけていくということがとても重要になってくるのです。

そして自信を得て、苦手意識を克服していった先に、自分の英語力にさらに磨きをかけていくということが待っています。友人同士、または自分の言いたいことをくんでくれる人ならば片言で押し通しても問題はないかもしれませんが、海外旅行に行った場合や、ビジネスレターのやりとりや商談するといったような場面で片言の英語しか使えないというのは心許ないからです。

◎おすすめの英会話教室:英会話を福岡で学ぶならGreenRoom

自分の英語レベルを知り、設定した目標に向かっていざ英語の勉強を始めるということになっても、日々の忙しさについつい勉強がおろそかになり、目標も見失ってしまうということも少なくありません。「継続は力なり」という言葉通り、英語は勉強を持続させることが大変重要です。英語を諦めてしまう場合、勉強が持続できなかったというところが大きな要因となっています。

まず、無理をせずに焦らないことが重要です。英語の場合、覚えた分すぐに身になるというわけではありません。漢字を覚える、歴史上の人物を覚えるという比較的単純で成果が見えやすいものがある一方、英語は単語を覚えたからといってすぐに発音良く話したり英文を書いたりするというのはあまり期待できないのです。そういった前提を知った上で勉強を続けることで、自身に過度な期待をかけることが少なくなり、ストレスなく勉強を続けることができるようになります。

また、自分が知っている物語が分かりやすく英訳されている文章を読んだり、内容を知っている映画を字幕・吹き替えなしで鑑賞したりするといったような、自分に興味が湧くことをしてみるということも長続きするにはよいでしょう。特に映画の場合、俗語(スラング)や、会話では頻出の表現がふんだんに使われていることも多いので、生きた英語を学ぶには最適です。また、最近では日本の漫画やアニメに英語訳を付けたり、英語吹き替えをしたりしている作品も出回っています。自分に合う教材を選び、それを楽しく取り入れながら学ぶということで、飽きずに根気強く勉強を継続できるのです。座って参考書を片手に問題集を解くことだけが勉強ではありません。そうではない勉強に柔軟に取り入れていくとよいでしょう。

日本人は、総じて英語を苦手であると感じている人が多く、コンプレックスもあると言われます。また、「自分は将来英語を使うことはない」と考え、そもそも学校での英語の勉強に真剣に取り組まなかったという場合も多いようです。このように英語に対し、消極的な姿勢だと、勉強そのものもやりがいがなく、あまり気乗りもしないことでしょう。そのような苦手意識を持ちながらも、一方では英語ができるようになりたいと考えるようになる人は少なくありません。しかし、実際に、英語でコミュニケーションを取りたいと思ったとしても何からどう手を付けたら良いのか、という英語再学習者も多いことも事実です。

まず、英語を再学習するに当たって必要なことは、英語を使えるようになることで、どうしたいのかという目標を設定することです。英語で日常会話や道案内をしたい、外国の映画を字幕なしで観たい、英語に携わる仕事に就きたい、昇進のために英語力をアップさせなければならない、といったように、個々人でその目標は様々で、それに向けた勉強方法も大きく異なります。1000m級の山を登るときに、エベレストを登るような重装備は不要です。これと同じように、単に英語力を伸ばすということだけでは十分ではなく、英語力を伸ばして何がしたいのかという目標を設定することで、それに応じた対策が適切にとれるようになるのです。

英語によってコミュニケーションを取ったり、英文を読んだり書いたりするには、継続的な英語の勉強が不可欠です。その継続性を維持するためにも、目標をしっかり設定し、それに向けてどう行動していったらよいのかを考えてくことが重要だと考えられます。

目標を設定した後は、自分の現状の英語のレベルを知ることが大切です。これによって、目標と現状にどれくらいの差があり、それに向けて何をしたら良いのかを明確化することができるからです。英語の再勉強が長続きしないのは、目標の設定が曖昧であること以外にも、根気ややる気が続いていかないということも原因となっています。それには、自分のレベルと購入した教材が合っていないということもあり、自分の英語力のなさから自信を喪失していくからだともいえます。

英語を身につける最良の方法は、長続きさせるという点を考えると、無理をせず、焦らず、面白がって興味を持ってやれるような教材を使用していくことが理想で、そのためには自分の英語力を知っておくことが重要です。書店で販売されている英語の教材を眺めてみるだけでも自分のレベルをある程度知ることができますし、各種試験に挑戦してみることもよいかもしれません。

また、実際に英語学校や英会話教室に通ってみるということも有効的です。この場合、自分だけではなく第三者からの目線も加わり、さらにその第三者がプロの講師なので、有益なアドバイスをしてくれる可能性が高いからです。また、その講師に自分の目指す目標を伝えれば、その目標に向けた勉強方法も提示してくれるかもしれません。また、実際に学校や教室に通うということになれば、自分のレベルが上がっているのかそうでないのか、講師との英会話を通じてはっきりするという点でもメリットは大きいのではないかと思います。また、自分以外にも目標に向かって頑張っているという人たちがいることを目の当たりにすることで、自分のレベルがどうなのかを相対的に比較することも可能となるのです。

英語を書くという力についても、話す力、聞く力とは異なると考えがちですが、そうではありません。文章を書く場合、説明を簡潔に、相手に伝わるように意識するはずで、これがとっさに話をすることにも充分応用できるからです。

例えば、英語日記をつけてみるという方法が書く力を向上させることに役立つと言われています。その際、初めから英文を書くのではなく、一度日本語で書くことがよいでしょう。この日本文を英文にする際、そのまま日本文を英文にしようとすると、辞書を使いながら適切な言葉を探して表現するということになってしまいがちで、これではあまり効果的ではありません。極力日本文を自分が書けそうな文に書き直してみて、さらにそれを英文にしてみるという作業をすることで、会話においても「とっさに自分の知っている言葉を出す」ということがしやすくなるのです。

もちろん、それはそれとして、表現力を増やすという努力も必要でしょう。英語の教材は、受験から日常生活に対応しているものまで、様々あります。自分のレベルや目的にあった教材を手に入れることで、よりご自身の目標につながるのではないかと思います。また、リスニング教材も有効的に利用し、リスニングのCDを聞きながら、その音声を英文にしてみるということも充分効果的です。これにより、音の連鎖なども意識することができ、聞く力がより向上することにもつながります。

言葉の4つの技能、つまり聞く力・話す力・書く力・読む力は、どれかのみをすれば良いというものではありません。聞く力を伸ばすために、他の技能も伸ばすことで、他の技能についても興味関心が出て、結果的に英語を勉強しようとする意欲が湧くようになります。