先日、英会話教室のネイティブの先生に、「あなたは、どのようにして英会話に出逢いましたか?」という質問を受けました。このような質問に、皆さんは、どのように返答されますか?私は、「学校で「英語」という教科として出会いました」と答えると、先生は、「だいたいそうねー」と、日本語で答えてくれました。英会話教室の先生は、日本語がとても上手なのですが、日本語を勉強し始めてから数年しか経っていないようなのです。どうして、そんなに日本語が上手なのですか?と尋ねてみたところ、先生がおもろに、「あなたは、どのようにして英会話に出逢いましたか?」と、逆質問されたのです。先生の考えの中では、日本人の多くの人々は、楽しそうに英会話を勉強していないと感じているようです。先生自身は、学校の教科として、「日本語」に出逢ったのではなく、個人的に、日本の文化や漫画に興味があったので、自主的に学んだだけなのだそうです。日本人の多くの人々は、英会話を勉強として学校で出逢っているからか、英会話を点数などで評価し過ぎではないかと言っていました。もっと、英会話を使う事を楽しんだり、自分の興味のある事を知る為に、英会話をもっと自由に使えば良いのにと、私達日本人が英会話と向き合う姿勢を、少し残念がっているようにも見えました。改めて、考えてみると、私自身も英会話スキルを、進学や就職のツールとしてしかみていなかったかもしれません。学校の教科として、英会話に出逢っていなかったら、私の英会話との触れ合い方は、もう少し違ったものになっていたかもしれませんね。
英会話においては、非言語的なコミュニケーションが、特に重要であるということを認知している動きはほとんどありません。例えば、自分自身が体調が悪く、それを伝えたい時に、困っているようなジェスチャーをすれば、十分に通じますし、嬉しい時はジャンプをしながら話せば、喜びは十分に通じます。拙い英語でも、それとともに、言語にこだわらない表現をすることで、しっかりと通じるということは、様々な言語を学ぶ上でも、重要なことであると言えるのではないでしょうか。会話にかかわらず、このような非言語的なコミュニケーションを得意としている人は、言語力までも、向上するスピードが速いというデータが出ているような気がしますから、積極的に活用してみるといいかもしれません。
間違いを恐れずに、まずは、英語で話してみて、それでも通じないようだったら、非言語的なコミュニケーションに頼りながら、会話を進めていくということが、重要だと言えるでしょう。

皆さんが第二言語として「英語」を選ぶ理由を考えたことはありますか。近年、多くの日本人学生が英語圏の諸外国への留学などが活発に行われております。また社会人になってからも留学を目指すために英会話教室などに通う方々もいらっしゃるのではないでしょうか。皆さんが母国語の日本語以外の第二言語を学ぶ際に「英語」を選び理由にどんな事柄をお考えでいらっしゃるのでしょう。日本人の多くがリゾート地として訪れている「ハワイ」では、日本人が多く訪れる観光地として、現地のレストランやショッピングセンターなどでは日本語が通じることが多いですが、それ以上に聞こえてくるのは諸外国から訪れる観光客の「英語」であるのではないでしょうか。ハワイ島の人びとは、英語を話すことが当たり前のように皆さんは感じていらっしゃるかもしれませんが、ハワイ島の歴史を紐解いていくとハワイの先住民族たちの暮らしぶりや、ハワイ王国を築くまでの部族間の戦争などの歴史が浮き彫りになってきます。1959年、ハワイ島はアメリカの50番目の州となりましたが、それ以前にはハワイ島には独自の文化が根付きそこには「ハワイ語」が存在していたようです。うごめく時代の中で「ハワイ語」は消滅しつつあるようですが、私たちが観光客としてハワイを訪れる時、島の街のあちこちで日本語が聞こえることや英語が聞こえることに違和感を感じなくなってきた背景には「ハワイ語」の存在があることを忘れてはならない気がしています。

子どもたちが「ことば」を学習する上で、幼少期から第二言語の外国語を学ぶことがプラスであるのかどうかといったような議論は、多くのパブリックで語られている事柄でもあります。幼児教育の一環として、キッズの英会話スクールに通わせることが、子どもたちの成長にどのような影響を与えるのかといったような研究は、世界各国の研究者たちが子どもたちの成長を見守るなかで行っている研究題材でもあります。開発途上国の子どもたちが先進国の言語を母国語よりも先に学ぶことで、成人したのちに自分を養うためのフィールドを広げる役目を果たしてくれるのだといったような考えもあるようです。開発途上国の発電もままならないような小さな村で育つ子どもたちが、先進国などで自分の可能性を見つけ出すには、先進国の言語を理解できることが何よりも武器となり彼らにとってはチャンスを得るためのツールとなるようです。現代の日本社会において、十分に豊かな居住空間を得ることができ、成人後、自分や家族の経済を養うための働きの場を得るといったビジョンを日本国内にある程度描くことのできる子どもたちにとって、第二言語の果たす役割についての自実感は希薄であるかもしれません。日本の国にとって子どもたち自身が第二言語を学ぶことで広がる可能性を、本人や周囲の大人たちが改めて考え直してみる必要があるかもしれませんね。

海外の友人とビデオチャットで話した時に気になったことです。ヨーロッパなどでは個人個人の業務の範囲、内容が明確なため、仕事に対する向き合い方もより洗練されていくという副産物的メリットが発生しているようです。
自分が秀でている分野に配置され、それを仕事として専門に行っていれば、向上心が働くのは当然の帰着でしょう。
それが望んで修学、資格取得までした分野ならなおさらではないでしょうか。
日本でも看護助手の求人は増えていますが、採用や定着が難しいという現状があります。それは、看護助手の業務が看護師見習い化しており分業というよりは看護師に近しい働き方をする単なる「既存の枠組みの中でのあらたな人員」と認識されてしまい、無資格者には要求が複雑であることが原因と聞きます。
分業化を前提とした看護助手ならではのポジションの有効活用を念頭に置いた、業務設計が実質的活用のカギになるといえるのではないでしょうか。
ネットが普及した今、英語ができると、こんな話も直接ビデオチャットで海外の人に聞けるのです。