英語を書くという力についても、話す力、聞く力とは異なると考えがちですが、そうではありません。文章を書く場合、説明を簡潔に、相手に伝わるように意識するはずで、これがとっさに話をすることにも充分応用できるからです。

例えば、英語日記をつけてみるという方法が書く力を向上させることに役立つと言われています。その際、初めから英文を書くのではなく、一度日本語で書くことがよいでしょう。この日本文を英文にする際、そのまま日本文を英文にしようとすると、辞書を使いながら適切な言葉を探して表現するということになってしまいがちで、これではあまり効果的ではありません。極力日本文を自分が書けそうな文に書き直してみて、さらにそれを英文にしてみるという作業をすることで、会話においても「とっさに自分の知っている言葉を出す」ということがしやすくなるのです。

もちろん、それはそれとして、表現力を増やすという努力も必要でしょう。英語の教材は、受験から日常生活に対応しているものまで、様々あります。自分のレベルや目的にあった教材を手に入れることで、よりご自身の目標につながるのではないかと思います。また、リスニング教材も有効的に利用し、リスニングのCDを聞きながら、その音声を英文にしてみるということも充分効果的です。これにより、音の連鎖なども意識することができ、聞く力がより向上することにもつながります。

言葉の4つの技能、つまり聞く力・話す力・書く力・読む力は、どれかのみをすれば良いというものではありません。聞く力を伸ばすために、他の技能も伸ばすことで、他の技能についても興味関心が出て、結果的に英語を勉強しようとする意欲が湧くようになります。