英会話をするために最も必要なのは、「トライアンドエラー」に尽きるでしょう。何度伝わらなくても、何度失敗しても、何度も何度も暗記を繰り返して向かっていくという姿勢が何よりも重要です。我々は第二言語として英語を学ぶことになるわけですから、意図的にかつ能動的に学習をしなければなりません。赤子のように成長とともに英語を自然と学ぶことはできないのです。これを守っていないと、「ただオンライン英会話を受けていれば英語力がつく

とか、「英会話教室に週3日通い続けたから英語力がついた

という風に、経験に基づいた勘違いをしてしまいます。せっかく高いお金を払って英会話教室に通うことになるわけですから、身に付かないのは大変もったいないですよね。とにかく、実際の英会話に望む前に、前節までの「予習」をこなし、最低限身につけておくべきことをしっかりと守った上で実践に臨みましょう。最後に、実際にあなたが英会話教室に通い始めた後で悩んだ際の心構えをお教えします。それは、「学習を続けてさえいれば、ある時突然に言いたいことが話せるようになる」ということです。これは私自身の実体験に基づいていますが、地道に勉強を続けて三年が経った頃、いつものようにオンライン英会話を行っていると、普段なら言えないような表現が口をついて出てきたり、話のオチをしっかりと英語でイメージしながら話すことが出来ました。このようなひらめきは、地道に練習を続けた人だけに訪れるものであると確信しています。とにかく、レッスンから逃げずにひたむきに参加すること、分からないことはそのままにせず、すぐに解決すること、常日頃から物事を英語に変換する癖をつけておくことを意識しましょう。