アメリカの一般的な家庭にホームステイをする学生さんは、その文化の違いから、たくさんの今までに経験できなかったような事柄から、目にした事もないようなものまで多くの体験や経験をする事でしょう。私が学生時代、アメリカの家庭にはじめて、数週間お世話になった時に、目にした驚きのものの中の1つに「ディスポーサー」なるものがあります。最近の若い世代の子や、ご自宅をリフォームしたり、新築物件にお引っ越しをされた方などは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、「ディスポーサー」はキッチンのシンクに取りつけてある「生ごみ処理機」の事を言います。台所で、調理中に出た、じゃがいもの皮や、にんじんの皮などの比較的柔らかい生ごみを、ミキサーのような器具で粉砕し、そのまま下水に流してしまう機械なのです。シンクの排水溝の部分に設置されているので、生ゴミを排水溝に落し込んで、スイッチを押すと、ものすごいモーター音とともに生ごみを細かく粉砕してくれます。

もちろん生ゴミ以外のものや、生ゴミの中でも貝類の殻や、パイナップルの硬い葉の部分などを、入れてしまうと詰まってしまい故障する原因となってしまうようです。当時、学生だった私は、それまで日本の家庭では見た事もない「ディスポーサー」に、アメリカってすごいなぁーと感嘆した思い出があります。学生時代にホームステイをした頃から、お世話になっている英会話教室で、最近はビジネス英会話を習うまでになりました。休憩時間にレストルームでお茶やお菓子を頂きながら、ホームステイを夢みてキラキラと輝きながら、英会話教室に通ってくる多くの若い世代の学生さんなどと話をしていると、実際に自宅に「ディスポーサー」があるという子たちも数人いるので、そのような子どもたちが、はじめての海外生活の中で、私のように「ディスポーサー」の存在に、驚いたりする事はないのかもしれませんが、私にとっては、「ディスポーサー」がキッチンにあるだけで、ホストファミリーたちの日常が、宇宙人たちの暮らしのようにみえた時代がついこの間のようで本当に懐かしいです。

以前、はじめて海外旅行として、アメリカへ出発した時の事、全ては順調に進行していたのですが、ダウンタウンの街中で迷子になってしまい、道行く人に宿泊するホテルまでの道のりを尋ね歩いていました。おそらく私達が向かっていたホテルへの方向性としては間違っていなかったのだと思うのですが、あと少しのところで、また、道順を見失ってしまったので、トータル3人目の現地のアメリカ人の方に、ホテルまでの道をお尋ねしたところ、少し高齢のお婆さんは、おっとりとした見かけとは異なり、かなり早口で話すので話している内容がよく聞き取れませんでした。

本来ならば、「もう少し、ゆっくり話してもらっても良いでしょうか?」と、お願いするところを、「I don’t understand your English.」=「あなたの英語は分かりません」もしくは、「あなたの英語はわかりづらい」などと、伝えてしまい、英会話表現のミスチョイスをした事がありました。このような場合の英会話の表現としては、「Please speak more slowly?」もしくは、大先輩にお聞きしているのですから日本人的には、「Could you please speak more slowly.」などと、丁寧な表現であっても良いくらいだと今になって感じています。お婆さんは、自分の口元に手をあてて、入れ歯の事を気に掛けながら、「ごめんなさいね」と優しく、ゆっくり目にお話しして下さいましたが、こんな時の為に、きちんとした英会話表現を身に付けておくべきだったと、あの時、自分が会話の選択をミスチョイスした事は、今でも大反省しています。

オリンピックが日本で開催される決定とともに、「英会話」教室に通いはじめた人はいませんか?英語での会話に慣れ親しむ事は重要ではありますが、いくら英会話を学んだとしても、英会話で話すための「母国語での知識」が伴わないと、会話というものは成立しないものなのです。そのような事実に気づかない人々が、「英会話教室に週3日、数年間、通っているのだけれど、なんだかうまく上達しないのだと」言うような相談を耳にした事はありませんか?まずは、母国語での自分の会話に対して、常日頃からの意識をしてみましょう。母国語での会話となると、無意識に行っている事がありますが、会話というものは、会話をする相手との共通の話題や、題材、目的がないと、弾むものではありません。英会話教室に通うイコール、会話が上達するものではありません。母国語での会話の上手な人は、英会話技術がそれほど高くなくとも、流暢な英会話をしているように聞こえる事もあります。それは英語に関する知識が少なくとも、会話技術に優れているからなのです。英会話が上達したいと考えている人は、まず、だまされたと思っても、日本語の会話技術を高めるよう、まずは自分の会話スキルに意識を常日頃から傾けてみて下さい。会話とは、面白いもので、同じ題材でをもっても、話す人々によって、全く異なる会話になるものなのです。

 

 

聞き流すだけ、英文を読むだけというので英会話を修得する人は、聞いていたり、読んだりしていうちに文法や発音に気をつけることができるからだそうです。

楽しく上達する人たちの中には、声をだすだけ、聞き流すだけでいろんなトレーニングを自発的にできているともいえるそうです。

とはいえ、上達する過程でうんざりしてしまって、どうしても聞き流すだけということになったりするかと思います。

そういうときは英会話の勉強が仕事だと思っていたらいいそうです。

仕事だったら嫌でもやり遂げないといけないという気分になるはずだからだそうです。

また、耳が疲れたら口に出していう、目が疲れたらリスニングにするというようにメリハリをつけるのもいいそうです。

復習をやってみるというのもいいそうです。

英会話の勉強は進み具合が遅くなっても、必ず進めるようにして欲しいそうです。

英語ペラペラになっている自分を思って頑張るのもいいそうです。

もちろん集中して勉強するのが一番だそうですが、嫌気が差してきたら海外ドラマや洋画を見て英語を聞けばいいそうです。

もちろん聞き取れなくてもいいそうです。気楽にできることをしたらいいそうです。

場所を変えてみるというのもいいそうです。

お気に入りのカフェや海、山、どこでもいいので、好きな場所にいって英会話の勉強をしてみるのもいいそうです。

やる気というのは誰でもすぐに無くなるものだそうです。

それをどうにか続けるために工夫をしていくのがいいそうです。

英会話というのは習得してから長く使うようになるものだと思います。

運転と同じと思った方がいいそうです。

どうせ努力をするなら短期の方がいいかと思います。基本を早く習得して、道具として家会話を使えるようになりたいと思います。

英会話ができるようになったら、腕試し的なことをしたくなるかと思います。

また就職に有利だったり、資格という意味でもtoeic や英検を受ける人も多いそうです。

Toeic や英検はとてもオーソドックスな英語を使うそうです。

なので、オーソドックスに文法や単語、発音を勉強してたら、あえて勉強をする必要はないかもしれないそうです。

もちろん、それに対する対策の勉強は無駄になることはないそうです。

ただ、toeic や英検は英語力を測る試験なので、英語力を延ばしたほうがいいそうです。

英語力というのは、文法、単語、発音ということだそうです。

それらがきちんとできていれば得点は取れるそうです。

また、試験のための勉強をするにしても、英語力があれば対策をしなくても問題は解けるそうです。

また、それ用の参考書を使ってやってみるのも、余裕があればいいそうです。

英語力を測るための試験だと思っていれば、日頃の勉強だけでカバーできるというのもわかります。

試験勉強をして英語が話せるというわけでもないかと思うので、地道にやっていくのがいいようです。

基本を学習するということで自分がどの程度の力がついてるか知りたいというのもあるかと思います。

その上で、資格試験の準備ができるようなテキストをやってみるのもいいそうです。

試験の方は、基本の力があれば解ける問題も多いそうです。

案外、面白いように問題が解けていくかもしれません。

資格試験が近づいてくると、やっぱり試験勉強をしようと思うかと思います。

その時は問題を解いてみるのもいいかと思います。

ただ基本の力がないと問題を読んでもわからないということもあるそうです。

基本から段階を踏んで勉強をしていれば、問題を見てわけがわからないということはないそうです。