短期間で集中的に英語を学びたいと思ったときには、英語合宿がオススメです。国内留学とも言われており、一日から二週間ほど英語を使う環境で過ごすことができます。初めて海外出張をする前に、練習として参加する人もいるそうです。合宿施設で過ごし、施設内では日本語の使用を一切の禁止として、英語オンリーの環境もあるそうです。英語合宿のメリットは、とにかく英語に触れられる環境にいられることです。日本で過ごしていると、どうしても英語を使う機会が少なくなってしまいます。英語合宿は、あくまで疑似体験ではありますが海外留学と似た体験ができます。合宿という限られた時間のために集中することができますし、プログラムも短期で英語が習得できるように組まれていることが多いそうです。また、英語を学習する仲間に出会えることも魅力です。合宿という同じ空間で過ごすために毎日顔を合わせますし、同じ目的を持っているために仲が深まります。合宿が終わった後でも、交流が続くこともあるそうです。英語合宿は全国のさまざまな場所で行われています。最短で一泊で終わる合宿プログラムがあるため、会社に勤めている人でも種類によっては参加することが可能です。短い期間であっても、英語合宿に参加したという経験は大きな自信になります。しかし、あくまで短期の集中プログラムです。英語に慣れていない人が英語に慣れる、英語への抵抗感をなくすという効果はありますが、ある程度の英語レベルの人が一気にレベルアップするわけではありません。大切なのは、合宿を通して英語に慣れて、さらに勉強を続けていくことです。大幅な効果を期待するのではなく、あくまで合宿は英語学習のひとつの経験としておきましょう。