アメリカの一般的な家庭にホームステイ制度などを利用して滞在させてもらっていると、おおそらく週末などには、カジュアルなホームパーティ-に招待される事もあるかもしれません。ホストファミリーの友人や親戚などの、お宅にホストファミリーと出かけたり、ホストファミリーの自宅に、彼らの友人たちを招く事もあるでしょう。そのような大勢の人々の集まるパーティ-の際には、お互いの事を自己紹介しながら、食事を楽しんだり、ドリンクを飲みながら、寛いだ時間を過ごす事がマナーとして求められます。初対面の人々と会話をしながら食事を楽しむ事は、簡単なようで難しいものです。会話の冒頭には、いくつか会話のキャッチボールができていたとしても、そのやり取りをリズムよく続けるには、いくつかのテクニックが必要となります。例えば、初対面の人々に、会話の糸口から年齢を尋ねる事は控えましょう。相手と打ち解けてもいないうちから、年齢を尋ねる事は失礼にあたります。

もちろん、年齢を尋ねても不快に感じない人々もいるかもしれませんが、一般的な識別ある行動の中では避けるべきトピックです。海外には、様々な人種の人々がいます。そのような多様な文化や人々の中では、人種差別にあたる事柄や、宗教的にタブーとされるような会話は避けなければなりません。日本人は、そのような配慮ある会話のマナーに慣れていない人々もいますので、「人種」や「宗教」に対する自分自身の考えを、一度、レポート用紙や原稿用紙などに、まとめてみると良いかもしれません。いざ、ホームパーティーなどの公の場で、英会話を通して、様々なタブーに触れないように、無難な会話する事は、自分自身の考えがまとまっていないと、なかなか難しい部分もあります。特に、日本人に多い、無宗教、無信仰であるという点には、海外の人々から、必ず質問されるポイントとして、あらかじめ自分自身の答えを英会話形式として、文章を作成しておくべきです。このような機会を利用して、「どうして無宗教なのだろうか?」「なぜ、信仰をもたないのだろうか?」などと、自分自身に問うような時間を持ってみる事も、悪くはないのではないかと考えています。