自分の英語レベルを知り、設定した目標に向かっていざ英語の勉強を始めるということになっても、日々の忙しさについつい勉強がおろそかになり、目標も見失ってしまうということも少なくありません。「継続は力なり」という言葉通り、英語は勉強を持続させることが大変重要です。英語を諦めてしまう場合、勉強が持続できなかったというところが大きな要因となっています。

まず、無理をせずに焦らないことが重要です。英語の場合、覚えた分すぐに身になるというわけではありません。漢字を覚える、歴史上の人物を覚えるという比較的単純で成果が見えやすいものがある一方、英語は単語を覚えたからといってすぐに発音良く話したり英文を書いたりするというのはあまり期待できないのです。そういった前提を知った上で勉強を続けることで、自身に過度な期待をかけることが少なくなり、ストレスなく勉強を続けることができるようになります。

また、自分が知っている物語が分かりやすく英訳されている文章を読んだり、内容を知っている映画を字幕・吹き替えなしで鑑賞したりするといったような、自分に興味が湧くことをしてみるということも長続きするにはよいでしょう。特に映画の場合、俗語(スラング)や、会話では頻出の表現がふんだんに使われていることも多いので、生きた英語を学ぶには最適です。また、最近では日本の漫画やアニメに英語訳を付けたり、英語吹き替えをしたりしている作品も出回っています。自分に合う教材を選び、それを楽しく取り入れながら学ぶということで、飽きずに根気強く勉強を継続できるのです。座って参考書を片手に問題集を解くことだけが勉強ではありません。そうではない勉強に柔軟に取り入れていくとよいでしょう。