英語を再学習する場合、英会話ができるようになりたいということを動機とする人が多いと思います。英会話ができるようになるには当然継続的な勉強は必要ですが、日本人にとって最も必要な前提は、勇気と自信を持つことかもしれません。

学校教育においては、どうしても正しい英文法や正しい単語・熟語の意味に重きを置かざるを得ません。しかしこれによって、完璧に習得でないと英語は扱えないのではないかと考える人が多く、そもそも「完璧」が存在しないにも等しい語学の世界において、完璧を求めるがあまり英語そのものを忌避してしまうというケースも少なくありません。そうした自信のなさが、英語を知っていて、仮に使えるほどの表現も覚えているのに使えないという状況が生まれてしまうのです。しかし、考えて見ると、日本人が全員正しい日本語を使っているわけではありませんし、仮に正しい日本語でなかったとしても、意思疎通が図れれば、コミュニケーションとしては適切だといえます。そういった意味で、英語によるコミュニケーションをとりたいと少しでも考えているならば、積極的に英語を使う機会をもうけ、片言でもよいのでしゃべってみるという経験を積み、自信をつけていくということがとても重要になってくるのです。

そして自信を得て、苦手意識を克服していった先に、自分の英語力にさらに磨きをかけていくということが待っています。友人同士、または自分の言いたいことをくんでくれる人ならば片言で押し通しても問題はないかもしれませんが、海外旅行に行った場合や、ビジネスレターのやりとりや商談するといったような場面で片言の英語しか使えないというのは心許ないからです。

◎おすすめの英会話教室:英会話を福岡で学ぶならGreenRoom