行動的な英会話の勉強

英語を再学習する場合、英会話ができるようになりたいということを動機とする人が多いと思います。英会話ができるようになるには当然継続的な勉強は必要ですが、日本人にとって最も必要な前提は、勇気と自信を持つことかもしれません。

学校教育においては、どうしても正しい英文法や正しい単語・熟語の意味に重きを置かざるを得ません。しかしこれによって、完璧に習得でないと英語は扱えないのではないかと考える人が多く、そもそも「完璧」が存在しないにも等しい語学の世界において、完璧を求めるがあまり英語そのものを忌避してしまうというケースも少なくありません。そうした自信のなさが、英語を知っていて、仮に使えるほどの表現も覚えているのに使えないという状況が生まれてしまうのです。しかし、考えて見ると、日本人が全員正しい日本語を使っているわけではありませんし、仮に正しい日本語でなかったとしても、意思疎通が図れれば、コミュニケーションとしては適切だといえます。そういった意味で、英語によるコミュニケーションをとりたいと少しでも考えているならば、積極的に英語を使う機会をもうけ、片言でもよいのでしゃべってみるという経験を積み、自信をつけていくということがとても重要になってくるのです。

そして自信を得て、苦手意識を克服していった先に、自分の英語力にさらに磨きをかけていくということが待っています。友人同士、または自分の言いたいことをくんでくれる人ならば片言で押し通しても問題はないかもしれませんが、海外旅行に行った場合や、ビジネスレターのやりとりや商談するといったような場面で片言の英語しか使えないというのは心許ないからです。

◎おすすめの英会話教室:英会話を福岡で学ぶならGreenRoom

 子供向け英会話は、社会人を対象としたレッスンとは少々異なります。それは講師の心構えにも影響します。例えば、優しい講師が良い講師だとは限りません。生徒が大人であれば、講師が厳しく接する必要もないのですが、子どもを指導するとなると、ただ優しいだけでは授業が成立しないこともあります。簡単に言えば舐められてしまうのです。子どもは保護者に命令されて英会話学校に通っているわけですから、自発的に学び取ろうとする態度に欠けた子どもも少なくありません。彼らの能力を上げるためには、先ず以て言うことを聞いてもらう必要があります。一度舐められるとコントロールするのに苦労しますから、講師は最初の授業で全力を尽くすものなのです。
 子どもたちは単なるお客さんではありません。大人の生徒、社会人の生徒以上に将来の選択肢が多い存在です。ですから彼らの未来を切り開く役割を講師は担っているのです。講師が指導を誤ると、子どもたちは英語を嫌いになってしまうかもしれません。それは最悪の事態ですから、気を抜かずに指導に当たることが大切なのです。そう考えると英会話講師は楽な仕事ではありませんが、やりがいを感じることも出来るはずです。子どもたちから寄せられる信頼が大きくなれば、真剣に相談を持ち掛けてくる子どもも現れます。そうなれば、その講師は1流になったと言えるのです。

 英会話料理教室は、新しい英会話学習法として注目されています。というのも、料理をしながら勉強すると、様々なメリットがあるからです。まず言えるのは、生徒は皆楽しみながら参加できるということです。通常の英会話学校であれば、教室の中でレッスンを受講することになり、堅苦しい雰囲気は否めません。それに対して英会話料理教室はキッチンの周りで英会話に触れることになります。特に料理の好きな人は、最高の環境で学ぶことが出来るのです。また、料理を通して講師の母国の文化を学ぶことが出来ます。イギリス人の講師であればイギリスの料理を、アメリカ人の講師であればアメリカの料理を教えてくれるからです。料理はその国の文化が色濃く反映されているものですから、自らその調理に参加すれば、より深く他国の文化を知ることになるでしょう。さらに英会話料理教室のメリットを挙げるならば、実用的なフレーズを学べることもその一つと言えます。海外におけるネイティブとの会話は、教科書に載っていたフレーズばかりでは成り立ちません。料理を通して、生活に染み付いた英語を身に付けることが出来るのです。
 英会話料理教室は前述したようなメリットに恵まれていますが、準備しなければならないことが多いというイメージもあります。料理経験のない人でも気軽に参加できるものなのでしょうか。結論から言えば、誰でも参加することが出来ます。必要なのはエプロンと筆記用具のみで、その他の食材等は教室が準備してくれます。因みに食材費用等は全てレッスン料金に含まれています。料理をより丁寧に学びたい人は、これらに加えて適宜メモ用紙等を準備すると良いでしょう。

自分の英語レベルを知り、設定した目標に向かっていざ英語の勉強を始めるということになっても、日々の忙しさについつい勉強がおろそかになり、目標も見失ってしまうということも少なくありません。「継続は力なり」という言葉通り、英語は勉強を持続させることが大変重要です。英語を諦めてしまう場合、勉強が持続できなかったというところが大きな要因となっています。

まず、無理をせずに焦らないことが重要です。英語の場合、覚えた分すぐに身になるというわけではありません。漢字を覚える、歴史上の人物を覚えるという比較的単純で成果が見えやすいものがある一方、英語は単語を覚えたからといってすぐに発音良く話したり英文を書いたりするというのはあまり期待できないのです。そういった前提を知った上で勉強を続けることで、自身に過度な期待をかけることが少なくなり、ストレスなく勉強を続けることができるようになります。

また、自分が知っている物語が分かりやすく英訳されている文章を読んだり、内容を知っている映画を字幕・吹き替えなしで鑑賞したりするといったような、自分に興味が湧くことをしてみるということも長続きするにはよいでしょう。特に映画の場合、俗語(スラング)や、会話では頻出の表現がふんだんに使われていることも多いので、生きた英語を学ぶには最適です。また、最近では日本の漫画やアニメに英語訳を付けたり、英語吹き替えをしたりしている作品も出回っています。自分に合う教材を選び、それを楽しく取り入れながら学ぶということで、飽きずに根気強く勉強を継続できるのです。座って参考書を片手に問題集を解くことだけが勉強ではありません。そうではない勉強に柔軟に取り入れていくとよいでしょう。