英会話の幼児教育に関しては、賛否両論はありますが、もしお子さんが、英会話に興味をもっているのであれば、私は、本人の興味が沸くままに、英会話のスキルを伸ばしてあげれば良いのではないかと、個人的には考えています。一般的な託児所などでも、外国人の先生の訪問により、定期的に英会話教室が開催されるケースもみられています。外国人の先生方のボランティアである場合もあれば、別料金が必要であるといった制度もみられ、幼児教育に熱心なママなどにとっ
ては、そのような英会話教室の有無が、託児所選びの焦点となっている場合もあるようです。皆さんは、子供の英会話教室についてどのような考えをもっていますか?幼児教育としての英会話は、英会話教育を施す前に、日本語が優先されるべきであるといった考えをもつ人もいれば、日本語と英会話の同時教育が、グローバルな人材育成への近道であると主張する人もいるのが現実的な見解となっているようです。子供の成長期において英会話に触れる時期が早ければ早いほど良いという人もいれば、そうではなく、日本人としての日本語教育を十分に受けてから、きちんと第二言語として改めて意識的な教育を行った方が良いという見解がある中、2018年から、実験的とはいえ、小学校での英語活動が開始されつつあります。2020年には、小学3年生からの英語活動が必修化されることとなりました。このような取り組みは、今後の日本人のグローバリゼーションにどのように反映されていくのでしょうか?