幼少期の成功体験の積み重ねは、子どもたちが大人になってからの前向きな思考の土台となり、パーソナルな価値観を左右するなどとも言われているようです。周囲との調和や社会性を重んじる日本人的な思考のなかでは「成功体験」自体が、他人との競争のなかにあるものとして「勝ち」「負け」から目を反らしがちではありますが、他人との共存のなかで生まれる「負け」にこそ「成功」体験の「鍵」がることを、子どもたち気づかせなければいけないのではないでしょうか。スポーツや勉学のなかには「勝ち」「負け」「合格」「不合格」といった「成功」「失敗」を意味するレッテルが存在します。どちらにも学びがあり、どちらかも「成功」に導ける自分の内なる「力」というものが存在することを、成長期にある子どもたちに知ってもらうことが、スポーツや勉学の指導を行う上で必要とされる観点なのではないでしょうか。たとえば英会話を苦手とする学生が英語力を養うために、英語のスピーチコンテストにチャンレンジする際、結果的に「上位入賞」を果たせなかったといったケースで、皆さんが学生本人を指導する立場であるとするならば、どのように次のチャレンジへと導きますか。
自分の寝坊グセを改善したく、目覚まし時計をいくつも揃えてみたり、カーテンを買い替えてみたり、アロマグッズを購入してみたり、これまでに様々なチャレンジを行ってきましたが、最終的に自分に当てはまったものは、朝の寝起きに英会話学習のために洋映画、もしくは洋ドラマを観るという方法でした。皆さんにとっては、ハテナの連続かもしれませんが、たとえばどうしても見たい連続ドラマや映画を就寝前の夜間ではなく、早朝にだけ鑑賞して良い自分ルールをつくったのです。本当にこのようなルールで早起きが出来るのかと、疑われる方も多いとは思われますが、まったくもってバカみたいなお話しなのでして、洋映画や洋ドラマ見たさについつい早起きしてしまうのです。

教材や料金、レッスンスタイルなどの、英会話の「ハード面」を見てきたつもりですが、実は、あなたが今後 英会話教室に通うことになる時に、そのレベルアップを左右するのは「講師」の質であることが多いようです。案外、容易にイメージされがちなこととしては、英会話教室の講師はヨーロッパ系の人が多いということですが、よりグローバル化が進んだ現代においては、東南アジア諸国から来たネイティブの方もおりなまりのない非常に綺麗な英語を話す人もたくさんおります。(もちろんシングリッシュなどの言い方に代表されるようななまりがある方もおられることには留意しておく必要があります。)インターネットで調べてみると、講師の国籍は、カナダ、アメリカ、イギリス、東南アジア諸国などなどというふうに様々で、より、あなたの目的にあった国の英語を学ぶチャンスも増えていると言えるのではないでしょうか?

自分に合った英会話教室を選択するための知識を身に着けておけば、英会話教室の選び方が分かるだけでなく、自分が英語力の内のどの分野を伸ばそうとしているかも自ずと分かってくることにもつながるわけですし、今後英会話教室に通う事になった場合にも課題設定がしやすくなってくることは間違いないのではないでしょうか?そこで、まず第一にお伝えしたいのは、「英会話教室のコースの選び方」です。通う事になる英会話教室は、いわば英語を習得するまでの「ハード面」に当たるわけですから、選択を疎かにしてしまってはなんの意味もありません。英会話教室に何を求めるのかは人によって様々ですが、質を求めない人はいないはずです。講師や教材の質が高ければ多少料金が高いとしても通う価値は出てくるでしょう。